高齢者の病気・疾患

【大腸がん結腸】2024年度公表 関西がん手術件数 病院ランキング

このコラムは2021年当時関西電力病院事務局長であった岡本有氏が執筆し、大変好評だったものを、読者の皆様の多数のご要望により、介護の三ツ星コンシェルジュ編集部で令和4年(注1)の手術件数を調べなおし、新たなコラムとして掲載しています。
ですので、コラムの内容自体は当時の岡本有氏の内容を引用し、件数のみ新たなものとしています。

このコラムのランキングは各病院の主な手術の件数をとったものですが、目安として数種類の手術の合計の多い病院順にならべています。
空白になっている欄は、その術式の手術をしていないということではなく、数が少なかったということを意味しています。

在院日数は、その手術の患者さんが平均して何日で退院したかということを示す指標です。
一般に在院日数が短かい程早く退院できる、その病院の手術・治療の手際が良かったというようにも考えられます。
ただし、がんの手術は進行度であるステージ、年齢、併存疾患の有無等があります。
軽度ながんを多く扱うほど、在院日数は短くなるからです。

また、外科手術は一般的に在院日数が長いため、この手術を行っている病院は、行っていない病院と比べると在院日数が長くなります。

したがって、在院日数の単純比較はできませんので、在院日数のデータは一つの目安として参考にされることをお勧めします。


今回は、手術件数合計数ならびに在院日数のみを比較しましたが、これらの指標ですべてを推し量られるわけではありません。病院の業績・アクティブを見る上では、病床あたりの手術件数、医師一人あたりの手術件数も、重要な指標となります。

このようなことを踏まえて、皆さんが病院選びの参考としてこのコラムを活用していただけば幸いです。

結腸がんの手術

がんを臓器別に分類した場合、大腸がんは、患者数、死亡者数ともに常に上位に入っています。
部位別にみると結腸がんと直腸がんに大別されますが、それぞれ手術の術式も異なり、件数も多いため結腸と直腸の2回にわけて取り扱います。

今回は結腸がんです。結腸とは大腸の上部です。
小腸に続いて右下腹部から始まり、おなかの中を時計まわりにぐるりと回って直腸につながる部分までを指します。

イラストの盲腸からS上結腸までが「結腸」で、その下が「直腸」です。
「結腸」は「小腸」(イラストのピンク色部分)からつながっており、「直腸」は肛門につながっています。
結腸がんの手術についても、リンパ節への転移がなく一括でとれる場合など初期・早期の場合は、内視鏡による治療が行われます。
内視鏡での治療が難しい場合は、外科手術を行います。

内視鏡による治療は、体の負担がすくなく回復が早いことが特徴です。
内視鏡的粘膜切除術は、がんの病巣をワイヤーでひっかけて取る方法です。

内視鏡的粘膜下層剥離術は、病変の周りや下を電気メスで切開し、はぎ取る方法です。
外科手術では、がんのある部位から10センチほど離れたところで腸管を切除、縫合し、転移を防ぐためリンパ節郭清を行います。

また、「その他の手術あり」に分類されているもの中には、下部消化管ステント留置術が含まれています。
これは、閉塞性の大腸がん(大腸狭窄)の患者さんに対して、金属ステントを留置するもので、人口肛門の回避など患者QOLの高い治療法です。

大阪府では大阪国際がんセンターがトップに!

1位:地方独立行政法人大阪府立病院機構大阪国際がんセンター
2位:医療法人徳洲会 岸和田徳洲会病院
3位:大阪赤十字病院
4位:学校法人近畿大学 近畿大学病院
5位:大阪市立総合医療センター
6位:独立行政法人労働者健康安全機構 大阪労災病院
7位:社会福祉法人恩賜財団大阪府済生会 中津病院
8位:大阪大学医学医学部附属病院
9位:大阪公立大学医学部附属病院
10位:独立行政法人地域医療機能推進機構 大阪病院

大阪府では他のがん治療にも強い大阪国際がんセンターがトップに。府内の結腸がん治療については外科的手術数が多くなっています。
また、民間の岸和田徳洲会病院では「その他の手術」件数が多いことが注目されます。

大阪府 令和4年度 大腸がん(結腸)上位手術件数.pdf ( 128 KB )

兵庫県では関西労災病院がトップに!

1位:独立行政法人労働者健康安全機構 関西労災病院
2位:姫路赤十字病院
3位:兵庫医科大学病院
4位:加古川中央市民病院
5位:社会医療法人 愛仁会 明石医療センター
6位:神戸市立医療センター中央市民病院
7位:医療法人 明和病院
8位:兵庫県立淡路医療センター
9位:兵庫県立がんセンター
10位:北播磨総合医療センター

兵庫県では前年3位の関西労災病院がトップに!
上位にランクインされている病院では外科的手術数が均衡しています。
市民病院の加古川中央市民病院では「結腸切除悪性腫瘍手術等」数が多いのが注目されます。

兵庫県 令和4年度 大腸がん(結腸)上位手術件数.pdf ( 116 KB )

京都府では京都府立医科大学附属病院トップに!

1位:京都府立医科大学附属病院
2位:国立大学法人京都大学医学部附属病院
3位:独立行政法人国立病院機構京都医療センター
4位:京都市立病院
5位:京都第二赤十字病院
6位:京都第一赤十字病院
7位:医療法人徳洲会 宇治徳洲会病院
8位:医療法人社団洛和会音羽病院
9位:社会福祉法人京都社会事業財団 京都桂病院
10位:公益社団法人京都保健会 京都民医連中央病院

京都府では前年2位の京都府立医科大学附属病院トップに!
4位の京都市立病院では、前年よりも外科手術数が約30件上がっています。
特に同院の「結腸切除悪性腫瘍手術等」についてはランキング内で数多くの結果を出しています。

京都府 令和4年度 大腸がん(結腸)上位手術件数.pdf ( 121 KB )

滋賀県で民間の淡海医療センターがトップに!

1位:社会医療法人 誠光会 淡海医療センター
2位:大津赤十字病院
3位:社会福祉法人恩賜財団済生会滋賀県病院
4位:近江八幡市立総合医療センター
5位:滋賀県立総合病院

滋賀県では前年に続き民間の淡海医療センターが1位となりました。
2位以降では民間、公立病院が続きます。

滋賀県 令和4年度 大腸がん(結腸)上位手術件数.pdf ( 76 KB )

奈良県では天理よろづ相談所病院がトップに!

1位:公益社団法人 天理よろづ相談所病院
2位:市立奈良病院
3位:近畿大学奈良病院
4位:奈良県総合医療センター
5位:奈良県立医科大学附属病院

奈良県では滋賀県に続き天理よろづ相談所病院が2年連続で1位となりました。
3位の近畿大学奈良病院では「早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術」の件数結果が県内で出ています。

奈良県 令和4年度 大腸がん(結腸)上位手術件数.pdf ( 72 KB )

和歌山県は和歌山医療センターがトップに!

1位:日本赤十字社 和歌山医療センター
2位:和歌山県立医科大学附属病院
3位:独立行政法人労働者健康安全機構 和歌山労災病院
4位:独立行政法人国立病院機構南和歌山医療センター
5位:公立那賀病院

和歌山県では1.2位が昨年に続き日本赤十字和歌山医療センター、和歌山県立医科大学附属病院が並びます。
以下、公立病院が続きます。

和歌山県 令和4年度 大腸がん(結腸)上位手術件数.pdf ( 78 KB )

件数の状況

他の手術では大学病院や独立行政法人のセンター系の病院が上位にくることが多いのですが、結腸の手術では必ずしもそうではなく、むしろ、市民病院や民間病院が上位ランキングに入ってきている地域もあります。

今回は、手術件数合計数ならびに在院日数のみを比較しましたが、これらの指標ですべてを推し量られるわけではありません。病院の業績・アクティブを見る上では、病床あたりの手術件数、医師一人あたりの手術件数も、重要な指標となります。

このようなことを踏まえて、皆さんが病院選びの参考としてこのコラムを活用していただけば幸いです。
(注1)
手術件数データは厚生労働省の「令和4年度DPC導入の影響評価に係る調査」のサイトから引用しています。


介護の三ツ星コンシェルジュ編集部

掲載PR一覧

  • 老人ホーム入居相談窓口