高齢者の病気・疾患

【肝臓がん】2024年度公表 関西がん手術件数 病院ランキング

このコラムは2021年当時関西電力病院事務局長であった岡本有氏が執筆し、大変好評だったものを、読者の皆様の多数のご要望により、介護の三ツ星コンシェルジュ編集部で令和4年(注1)の手術件数を調べなおし、新たなコラムとして掲載しています。
ですので、コラムの内容自体は当時の岡本有氏の内容を引用し、件数のみ新たなものとしています。

このコラムのランキングは各病院の主な手術の件数をとったものですが、目安として数種類の手術の合計の多い病院順にならべています。
空白になっている欄は、その術式の手術をしていないということではなく、数が少なかったということを意味しています。

在院日数は、その手術の患者さんが平均して何日で退院したかということを示す指標です。
一般に在院日数が短かい程早く退院できる、その病院の手術・治療の手際が良かったというようにも考えられます。
ただし、がんの手術は進行度であるステージ、年齢、併存疾患の有無等があります。
軽度ながんを多く扱うほど、在院日数は短くなるからです。

また、外科手術は一般的に在院日数が長いため、この手術を行っている病院は、行っていない病院と比べると在院日数が長くなります。

したがって、在院日数の単純比較はできませんので、在院日数のデータは一つの目安として参考にされることをお勧めします。


今回は、手術件数合計数ならびに在院日数のみを比較しましたが、これらの指標ですべてを推し量られるわけではありません。病院の業績・アクティブを見る上では、病床あたりの手術件数、医師一人あたりの手術件数も、重要な指標となります。

このようなことを踏まえて、皆さんが病院選びの参考としてこのコラムを活用していただけば幸いです。

肝臓がんの手術とは?

肝臓がんいわゆる五大がんの一つであり、患者数、死亡者数ともに常に上位に入っています。

肝臓の働きが正常であれば、全体の約70パーセント程度までは切除可能なため、外科手術を行いますが、肝硬変などが進んでおり肝臓の機能が悪い場合は、分子標的治療薬を用いた化学療法などによる治療を行います。

肝臓の機能が保たれている場合で、がんの数が少ないが大きい場合は、表中の「肝切除術 部分切除等」の手術を行います。
表中の「肝切除2区域以上であって、血行再建を伴うもの等」には、進行癌に対して、門脈、肝動脈、肝静脈の切除・再建を行ったものが含まれています。

がんの数が少なくて小さい場合は、「ラジオ波焼灼療法」を行います。
これはがんに直径約1.5mmほどの電極を挿入し、ラジオ波を流し約100℃前後の熱でがん細胞を焼いて壊死させるものです。主に内科医が行います。

また、表の「その他手術あり」に「肝動脈塞栓療法」が含まれています。
これは、がんの数が多い場合(多発がん)、カテーテルを用いて肝動脈に詰め物をすることで肝細胞がんだけを壊死させるものです。
主に放射線科の医師が行います。

※各病院の詳細な手術件数は添付のPDFにてご確認いただけます。

大阪府では大阪公立大学医学部附属病院が大きくリード!

1位:大阪公立大学医学部附属病院
2位:学校法人近畿大学 近畿大学病院
3位:地方独立行政法人 大阪府立病院機構大阪国際がんセンター
4位:大阪赤十字病院
5位:大阪医科薬科大学病院
6位:関西医科大学附属病院
7位:大阪市立総合医療センター
8位:大阪大学医学部附属病院
9位:市立池田病院
10位:独立行政法人労働者健康安全機構 大阪労災病院

大阪公立大学医学部附属病院では「肝切除術 部分切除 等」「その他の手術あり」を精力的に行っている様子がうかがえます。
また、7位の大阪市立総合医療センターは在院日数が短くなっています。

大阪府 肝臓がん上位手術件数.pdf ( 135 KB )

兵庫県は姫路赤十字病院がトップに!

1位:姫路赤十字病院
2位:兵庫医科大学病院
3位:医療法人 明和病院
4位:神戸市立医療センター中央市民病院
5位:神戸大学医学部附属病院
6位:独立行政法人労働者健康安全機構 関西労災病院
7位:兵庫県立尼崎総合医療センター
8位:兵庫県立がんセンター
9位:加古川中央市民病院
10位:兵庫県立 西宮病院

兵庫県では姫路赤十字病院がトップに。
3位に民間病院の明和病院の「ラジオ波焼灼療法」の件数が多く、他府県の病院をみても高い結果になっています。

兵庫県 肝臓がん上位手術件数.pdf ( 128 KB )

京都府では国立大学法人京都大学医学部附属病院が昨年に続きトップに!

1位:国立大学法人京都大学医学部附属病院
2位:京都府立医科大学附属病院
3位:京都第一赤十字病院
4位:社会福祉法人京都社会事業財団 京都桂病院
5位:独立行政法人国立病院機構京都医療センター
6位:市立福知山市民病院
7位:京都市立病院
8位:京都岡本記念病院
9位:京都中部総合医療センター
10位:医療法人徳洲会 宇治徳洲会病院

京都大学附属病院では、前年より「ラジオ波焼灼療法」の件数が5倍ほど多い結果が出ています。
また、ランキング唯一「肝切除術2区域以上血行再建を伴うもの」の件数もあり、幅広く肝臓がんの治療を行っています。

京都府 肝臓がん上位手術件数.pdf ( 126 KB )

滋賀県では滋賀医科大学医学部附属病院がトップ!

1位:滋賀医科大学医学部附属病院
2位:大津赤十字病院
3位:市立大津市民病院
4位:滋賀県立総合病院
5位:社会福祉法人恩賜財団済生会滋賀県病院

滋賀県では滋賀医科大学医学部附属病院がトップになります。
2位の大津赤十字病院では、「肝切除術2区域以上血行再建を伴うもの」と「ラジオ波焼灼療法」を一定数行い、オールラウンドに肝臓がん治療を行っている様子がうかがえます。

滋賀県 肝臓がん上位手術件数.pdf ( 81 KB )

奈良県では奈良県立医科大学附属病院がトップに!

1位:奈良県立医科大学附属病院
2位:奈良県総合医療センター
3位:市立奈良病院
4位:公益社団法人 天理よろづ相談所病院
5位:近畿大学奈良病院

奈良県では、前年3位の奈良県立医科大学病院がトップとなります。
5位の近畿大学奈良病院では、在院日数がこのランキング内で一番短くなっています。

奈良県 肝臓がん上位手術件数.pdf ( 81 KB )

和歌山県では和歌山県立医科大学付属病院がトップに!

1位:和歌山県立医科大学附属病院
2位:独立行政法人労働者健康安全機構 和歌山労災病院
3位:日本赤十字社 和歌山医療センター
4位:済生会和歌山病院
5位:独立行政法人国立病院機構南和歌山医療センター

和歌山県では前年に続き和歌山県立医科大学付属病院がトップに!
また、ランキング上位の病院では在院日数が短い結果になっています。

(注1)
手術件数データは厚生労働省の「令和4年度DPC導入の影響評価に係る調査」のサイトから引用しています。


介護の三ツ星コンシェルジュ編集部

和歌山県 肝臓がん上位手術件数.pdf ( 85 KB )

掲載PR一覧

  • 老人ホーム入居相談窓口