有料老人ホーム三ツ星ガイド訪問記

高級感の中にも家庭的な雰囲気。関西の高級住宅地夙川に立地。「グランダ夙川」

兵庫県西宮市、阪急夙川駅から徒歩8分の閑静な住宅街の中に立地する介護付有料老人ホームグランダ夙川。
3階建て全28室と㈱ベネッセスタイルケアが運営するホームの中でも小規模なホームです。

同社のグランダシリーズは居心地の良い上質な住環境でこだわりの暮らしをご提案するホームのブランド。
その中でも、こちらのホームは小規模なため高級感の中にも家族的なあったかい雰囲気を有する理想的なホームとなっています。

そういうこともあってか同ホームは常に満室。
「開設以来、ずっと満室の状態が続いています。
たまに空室が出る時もありますので、問い合わせ頂ければありがたいです。」とは同社営業部長の斉藤氏。

評価の高い点は職員の接遇の良さと居心地の良さ。
接遇の良さは同社全体の理念として職員全体に熱心に教育を行っておられる成果だと思いますが、居心地の良さは職員の接遇の良さに加え、小規模で家庭的な雰囲気によるものではないでしょうか。

建物もゆったりとした空間づくりを意識し、エントランスラウンジには開放感のある吹き抜け、南向きの明るいダイニングルーム、各フロアに配置した広々としたティールーム、緑豊かなテラスなど、共用空間が多いのが特長。

それぞれお好きな場所でくつろがれ、顔見知りになったご入居者様同士の話し声や笑い声が聞こえてくることも。

「したい!」を「できる」に変えて!

同ホームの理念は「お一人おひとりのしたい暮らしの実現」。

「お一人では難しくても、他の入居者との協力やスタッフの少しのお手伝いで、「したい!」を「できる」に変え、自信や喜びを感じていただき、いつまでも「ご自分らしく」暮らしを楽しんでいただけるよう努めています。」と斎藤氏。
小規模ならではの余裕のある職員配置が理念の実現を助けているようです。

「職員も非常勤を含め30名程度ですので、施設長も職員全体に目が行き届きますし、介護職員、看護職員、生活相談員、ケアマネと多職種が混在する介護施設の中でも多職種間連携が良くできているホームです。
ご入居者様とも顔見知りの関係が築け、ご家族様との連携も密に行っています。」と同氏。

そういう関係が築けることが同ホームの離職率の低さにも繋がっているのではないでしょうか。

いつまでも趣味を楽しめるホーム

同社のホームはアクティビティの推進にも積極的。

同ホームでも季節を感じるアクティビティ、特に季節の花を意識したアクティビティが盛んなよう。
3階のテラスに「夙川テラス農園」を設け、きゅうり、トマト、ナス、ゴーヤなどを入居者と一緒に育てています。
野菜作りは、花を咲かせる時期、収穫時期等、本当に季節を感じられる取組み。

その他にも春には桜の足湯、桜絵等も行っておられます。
もちろん、書道や絵手紙、刺し子や園芸など、写真撮影会等さまざまなアクティビティも企画。
特に写真撮影会はホームでのアクティビティ実施の際にご入居者様に写真を撮っていただいたり、90歳を超えるご入居者様が新しいデジタルカメラの購入を検討されたりと積極的に活動しています。
入居者の趣味に併せ、「できること・やりたいこと」を大切に、ご興味のあることを聞きながら、企画、実施されているようです。

要介護になっても自分の楽しみを続けたい。
そういう方にはお勧めのホームです。

この記事へのコメント

下記入力欄より、この記事へのご意見・ご感想をお寄せください。
皆さまから頂いたコメント・フィードバックは今後の内容充実のために活用させていただきます。
※ご返答を約束するものではございません。

この記事を書いたコラムニスト

お問い合わせ Twitter Facebook Instagram