有料老人ホーム三ツ星ガイド訪問記

木の暖かみを前面に。居心地の良いホーム「チャーム四條畷」

大阪府の緑豊かな生駒山脈の麓にある四条畷市。
その四條畷市に立地しているのが介護付有料老人ホームチャーム四條畷。
同ホームは四條畷市に立地するホームで唯一星が付与されたホームです。

同ホームの評価が高かったのはとにかく居心地が良いということ。
どういう所が入居者に評価されているのか、同社の営業部長、日野謙二氏に話を伺いました。

「同ホームの特長は、建物が木造で木の温かみが感じられることに尽きると思います。」と同氏。
木造なので2階建てにされており、1フロアあたりの空間が広々としています。
エントランス、喫茶コーナー、食堂兼機能訓練室、面談室、廊下、とにかく共用施設が他施設と比べて広くとられています。

また、共用施設全体が木の温もりを感じられるデザイン。
どこにいても、例えば廊下を歩いていても、EVを待っていてもホッと一息できる空間になっています。
居室を見ても、2階建てなので1フロアあたりの階高を高くとっているので、一般的な18㎡の居室でも広く見えるのが良いですね。

園芸アクティビティが盛ん!

木の温もりに加え、職員の接遇態度の評価が高いのも、居心地の良さを作り出す要因の1つ。
同社では接遇教育に力を入れており、その結果が出ているホームのようです。

中庭の園芸スペースを利用した園芸アクティビティも同ホームの特長の一つ。
四季を感じられる花を育てたり、トマトやキュウリを育て、収穫して皆で食べたりと盛んに園芸に取り組んでいます。

「ご入居者様の中に元々農業に従事していたり自宅で家庭菜園を設けていたりという園芸の大先輩が多く入居されている施設です。
結果、ご入居者様に助けてもらいながら、アクティビティを実施しています。
まさしくご入居者さま中心のアクティビティが実践されています。」と日野氏。

同社のポリシーであるアクティビティ、特に参加型のアクティビティをご入居者の経験・知恵を借りながら実施しておられる良い事例だと感じました。

アクティビティの充実と接遇をよりよくする。
有料老人ホームとしてやるべきことをきちんと実施し、サービス面の良さを木の温もりいっぱいの建物がフォローする。
それらが一体となって、大変、居心地の良い空間になっているのではないでしょうか。

四條畷市唯一の介護付有料老人ホーム

「居心地の良い空間に加え、四條畷市では唯一の介護付有料老人ホーム(※介護保険上、特定施設入居者生活介護の指定をうけている施設)。
サービスへの安心感もあるからかもしれませんが、永らく満室を維持している人気ホームです。
唯一の介護付有料老人ホームであるからこそ、きちんとした優良なサービスを提供していかなければという自覚が必要だと思います。」と日野氏。

今回、1つ星評価を受けたことについても「嬉しい反面、よりサービスの充実を図っていかなければなりませんね。」と更なる前進を誓っていました。

この記事へのコメント

下記入力欄より、この記事へのご意見・ご感想をお寄せください。
皆さまから頂いたコメント・フィードバックは今後の内容充実のために活用させていただきます。
※ご返答を約束するものではございません。

この記事を書いたコラムニスト

お問い合わせ Twitter Facebook Instagram