関西癌手術件数病院ランキング

  • 2020年9月17日

胃がん

胃癌の手術には、外科医が開腹、腹腔鏡で行うものと内科医が内視鏡で行うものがあります。一般的に手術というと、外科と連想しがちですが、胃癌でもあまり進行が進んでいないものなど軽易なものは内視鏡で行ないます。胃切除術は腹腔鏡で行うことも多くあります。

食道がん

食道がんの手術については、初期、早期の場合は、内視鏡による治療が、進行した場合は、外科手術が行われます。内視鏡による治療は、体の負担がすくなく回復が早いことが特徴です。がんの病巣をワイヤーでひっかけてとる内視鏡的粘膜切除術と電気ナイフで病巣を削り取る内視鏡的粘膜下層剥離術があります。

お問い合わせ Facebook Twitter