福祉用具屋さんの役に立つ情報

☆☆☆22 介護ベッドのマットレスは硬い・柔らかいどっちがいい?

こんにちは!
「福祉用具屋さんのブログ」を書いている「福祉用具屋さん」と申します。

今回は、「マットレスの選び方~硬いor柔らかい、どう選べばいい?」というテーマでお話していきます!

■マットレスの硬さはどう選べばいい

介護ベッドを使う際に必ず併用するマットレスですが、種類はさまざま。「硬め」「柔らかめ」などの違いがあったり、さらに、全体は硬めだが一部分だけ柔らかかったり、逆に全体は柔らかいが一部分だけ硬めだったり、表裏で硬め・柔らかめのリバーシブルタイプだったり…色々な種類があります。

たくさんの種類のマットレスがある中で、
「じゃあ実際にどんな硬さのマットレスがいいの?」
という部分がなかなかわかりづらいかと思うので、今回のコラムでは、いろいろな硬さのマットレスの特徴について、説明していきたいと思います!!

マットレス選びで迷われている方にとって少しでも参考になれば幸いです。

■硬めのマット・柔らかめのマットのそれぞれの特徴

マットレスを選ぶうえで大事なのは、

・動きやすさ
・寝心地
・床ずれ予防

以上3点かなと思っています。

それぞれの硬さでこの3点をレビューしてみるとざっとこんな感じ・・・

●動きやすさ
 「動きやすさでいえば硬いマットが一番いいのでは?」
と思われる方が多いかもしれませんが、実際にマットレスの各種類を並べて比較検討してみると、以外にも柔らかめのマットレスも結構動きやすかったりします。

ただし床ずれ防止用具の場合は動きにくいので、極端に床ずれ発生リスクを恐れて床ずれ防止用具を元気な人に導入するのは、自発的な動きを阻害し寝たきりを促進してしまうのでやめましょう。

●寝心地
寝心地は人によって感じ方が違うので一概に言えないのですが、やはり硬めのマットは寝心地はイマイチかなと思います。特に寝返りせずに一晩寝ると、背中が痛くなったりすることも・・・。
寝心地については柔らかめのマットレスが快適ですね。

●床ずれ予防
床ずれ予防の観点では、床ずれ防止用具一択かなと思います。
いくら柔らかめのマットレスでも、特殊寝台付属品のくくりのマットレスでは床ずれを予防するほどの圧分散効果は期待できません。
ちなみに、床ずれ防止用具にもいろいろな種類があり、ある程度の動きやすさを兼ね備えたマットレスタイプ、除圧優先のエアーマットタイプ、さらにマットレスタイプとエアータイプをミックスしたハイブリッドタイプなど、いろいろな種類が出ています!
床ずれリスクが高い方は、床ずれ防止用具をきちんと導入しましょう。

■最近のマットレスは絶賛進化中!

先ほどマットレスの硬さ別に「動きやすさ」「寝心地」「床ずれ予防」の目安を示してみたのですが、実際のところ、そんな単純に「硬いマットは動きやすい」とか「柔らかいマットは寝心地がいい」とはくくれないくらい今のマットは進化しています!

例えば
・寝心地のよい「ソフト面」と動きやすい「ハード面」のリバーシブル構造だったり
・マットレスの両端は端座位姿勢が安定しやすいよう硬い素材が使用されていたり
・体の重みに合わせて頭・腰・足部分で違う素材が使われていたり
・ベッドの背上げにより発生する体の足側へのズレを抑えるよう2層・3層構造になっていたり・・・

このように各メーカーさんの研究開発によってマットレスも日々進化していますので、ぜひマットレス選びの際に参考にして頂ければと思います。


というわけで、最後まで読んでいただきありがとうございました!これからも福祉用具にまつわるコラムを定期的に投稿していきますので、どうぞよろしくお願い致します!!
ではでは


私のブログです(もしよかったら見てみて下さい!)

この記事へのコメント

下記入力欄より、この記事へのご意見・ご感想をお寄せください。
皆さまから頂いたコメント・フィードバックは今後の内容充実のために活用させていただきます。
※ご返答を約束するものではございません。

この記事を書いたコラムニスト

福祉用具屋さん(介護用品スタッフ1号)

福祉用具専門相談員・福祉用具ブロガー

・福祉用具専門相談員
・福祉用具プランナー
・福祉住環境コーディネーター2級
福祉用具の仕事一筋20年強!!
現在「福祉用具屋さんのブログ」という名前で福祉用具の有益な情報を日々発信しています
こちらのコラムでもマイペースでのんびり有益な情報を配信出来ればと思っています
よろしくおねがいします!!

コラムニスト関連サイト

お問い合わせ Twitter Facebook Instagram