福祉用具について

☆☆☆43 歩行器とシルバーカーの違い

こんにちは!
「福祉用具屋さんのブログ」を書いている「福祉用具屋さん」と申します。

今回は
「歩行器とシルバーカーの違い」
というテーマでお話していきます!

■知っているようで知られていない歩行器とシルバーカーの違い

みなさんは歩行器とシルバーカーの違いってご存知ですか?

外でおじいさん・おばあさんが押しているやつのことでしょ!と想像されたりするかと思いますが、歩行器とシルバーカーって何が違うのか、結構曖昧だったりするのではないでしょうか。

ということで今回のコラムでは、歩行器とシルバーカーって一体何が違うのか、について掘り下げてみたいと思います!

■歩行器とシルバーカーの違いについて

歩行器とシルバーカーのそれぞれの特徴についてお話してみますと・・・

●歩行器の主な目的は「歩行が困難な方の歩行補助」

歩行器は、歩行が不安定な方や補助が必要な方でも安定して歩行ができるような作りになっています。
具体的には、前方・左右の側方で体を囲み、しっかり体重を掛けても安定するような作りになっています。

安心して体を預けられることから、歩行が不安定な方を助ける福祉用具として、介護保険レンタルも認められています。

●シルバーカーの主な目的は「荷物を運ぶ」

歩行補助の目的として使われる歩行器に対して、シルバーカーの主な目的は「荷物を運ぶ」です。

荷物を運べるようにバッグや荷物入れが付いていて、買い物などにはとても便利なのですが、歩行を補助するという面では歩行器に比べて不安定です。

具体的に言うと、歩行器とは違って体を囲むような作りではなく、握り手は横に伸びたバーのみなので、
全体重を掛けると前輪が持ち上がってしまい転倒のリスクにつながります。
さらに、後輪の車軸のシャフトが歩行時に足を前に出す際に邪魔になり、シルバーカー本体と体がある程度離れた状態での歩行を強いられがちです。

本体から体が離れれば離れるほど前のめりに転倒するリスクも高く、
歩行をしっかり補助するという点では、歩行器を使うことをおすすめします。

⇦足元に注目!
シルバーカーは足元に横パイプが伸びていて歩く際に体を本体に近づけづらい

これらのことからも、歩行補助という意味ではシルバーカーの性能は不十分であり、シルバーカーは介護保険レンタルの対象外となっています。
(実際は、シルバーカーのグリップの両サイドからちょっとだけ側方にグリップが配置されていて、見栄えは完全にシルバーカーながら介護保険レンタルが認めれられているなんちゃって歩行器的な機種もあったりします(汗))

■用途に合わせて使い分け(安全に歩くなら歩行器が個人的におすすめ)

・・・ということで、今回は歩行器とシルバーカーの違いについてお話ししました。

どちらかというと、シルバーカーは歩行器に比べて劣っている、というように感じられるかもしれませんが、大切なのは、用途に合わせて使い分けるべき、ということです。
シルバーカーもある程度歩行がしっかりしている方にとっては、買い物などで荷物を楽に運ぶための便利なものになります。
安全な歩行・楽に荷物を運ぶ、という用途に合わせて、上手に選んでいただければと思います。
(安全に歩くのであれば、歩行器がおすすめですね)

歩行器・シルバーカーを選ぶ際は、その人その人に合ったものを使っていただけるよう、
福祉用具のプロである福祉用具専門相談員にお気軽にご相談ください。
きっといいアドバイスをしてもらえると思います!!

というわけで、最後まで読んでいただきありがとうございました!
これからも、福祉用具にまつわるコラムを定期的に投稿していきますので、どうぞよろしくお願い致します!!

ではでは


私のブログです(もしよかったら見てみて下さい!)