消費税増税!!!ポイント還元制度ってご存知ですか???

ポイント還元制度(キャッシュレス・消費者還元事業)とは?

令和元年10月1日より消費税が10%に上がりました。
軽減税率適用の為に色々工夫するのも生活防衛の一つ。
良く知られてのは、外食(ケータリングも含む)は標準税率の10%。テイクアウトや宅配・出前は軽減税率の8%。
一つのものを買うにしろ、知っていると知らないでは2%の差が出てしまいます。

皆さん知っているようで知らないのがポイント還元制度。
今回は同制度について説明させていただきます。
(※図は政府広報から引用)

この制度は消費税の引き上げの際に消費者の需要の平準化を図るために導入された制度で、具体的には中小・小規模事業者からの購入などでキャッシュレス決済手段を使った時にポイントが発行される仕組みです。
 

実施期間は9か月間限定。

実施期間は消費税率が10%に引き上げられる2019年10月1日から、2020年6月までの9か月間に限られます。

さらに、対象となる決済手段はクレジットカード、電子マネーなど一般的な購買に繰り返し利用できる電子決済手段に限られ、クオカードや図書カードのように追加チャージできない決済手段は対象外となりますのでご注意ください。
(※図は政府広報から引用)

消費者への還元率は5%(フランチャイズ等の場合は2%)です。

消費者への還元方法は、原則としてカード会社などの決済事業者が決済額に応じたポイントなどを消費者に付与する方法で行われることになっています。

対応する店舗はロゴ入りのポスターが店頭に貼られる予定です。

同じ消費するなら少しでも生活防衛出来るお店が良いですよね。
皆シニアの方々もクレジットカードのご利用には慣れておられるはず。

ロゴ入りポスターを見つけ、少しでも安くご購入下さいね!!!
 

関西でも多くの事業者が登録しています

この記事へのコメント

下記入力欄より、この記事へのご意見・ご感想をお寄せください。
皆さまから頂いたコメント・フィードバックは今後の内容充実のために活用させていただきます。
※ご返答を約束するものではございません。

この記事を書いたコラムニスト

佐久間信二 (さくましんじ)

介護事業研究所所長

昭和63年関西学院大学卒業
某大手企業の介護事業子会社の設立・運営に携わり、経営者として売上高20億円企業にまで成長させる
現在、個人で介護事業研究所を設立。個人の皆様に介護事業所の運営・経営に関し情報発信を実施。

お問い合わせ Twitter Facebook Instagram