単に「昔の歌」では利用者には響かない介護事業所の音楽レクで選ぶべき曲とは?

コロナ禍から徐々に日常が戻りつつある中で、
歌を活用したレクリエーションを再開させた介護事業所もあると思います。

皆さんは、音楽レクの際にどの様な曲を使っていますか?
高齢者だからと「昔の曲」を漫然と使っていませんか?

私たちがカラオケをするときに「初対面の人同士でも盛り上がれる曲」など
メンバーや雰囲気に応じて選曲をするように、音楽レクも曲選びが重要になります。

カラオケで一番盛り上がるのは、自分が15歳~25歳のときの曲

カラオケ機器メーカーによると、
「同年代の人たちのカラオケで一番盛り上がるのは、自分が15歳~25歳のときの曲」だそうです。

この法則から言えば、介護事業所利用者の年齢を80歳とした場合、
盛り上がるのは1957年~67年の曲ということになります。
この間の主なヒットソングを年代順に列挙してみましょう。

ヒットソングを年代順

「東京だョおっ母さん」(島倉千代子)
「有楽町で逢いましょう」(フランク永井)
「嵐を呼ぶ男」(石原裕次郎)
「無法松の一生」(村田英雄)
「南国土佐を後にして」(ペギー葉山)
「東京ナイト・クラブ」(フランク永井・松尾和子)
「黄色いさくらんぼ」(スリー・キャッツ)
「アキラのズンドコ節」(小林旭)
「銀座の恋の物語」(石原裕次郎・牧村旬子)
「スーダラ節」(植木等)
「上を向いて歩こう」(坂本九)
「東京ドドンパ娘」(渡辺マリ)
「いつでも夢を」(橋幸夫・吉永小百合)
「遠くへ行きたい」(ジェリー藤尾)
「こんにちは赤ちゃん」(梓みちよ)
「高校三年生」(舟木一夫)
「恋のバカンス」(ザ・ピーナッツ)
「明日があるさ」(坂本九)
「アンコ椿は恋の花」(都はるみ)
「愛して愛して愛しちゃったのよ」(和田弘とマヒナスターズ&田代美代子)
「君といつまでも」(加山雄三)
「ヨイトマケの唄」(丸山明宏)
「お嫁においで」(加山雄三)
「いい湯だな」(デューク・エイセス他)
「こまっちゃうナ」(山本リンダ)
「帰って来たヨッパライ」(ザ・フォーク・クルセダーズ)
「真っ赤な太陽」(美空ひばり)
「ブルー・シャトー」(ジャッキー吉川とブルーコメッツ)

ちなみに海外ではエルビス・プレスリーやボブ・デュラン、
ザ・ビートルズ、ローリング・ストーンズなどが活躍していた時代ですので
「若い頃は洋楽にどっぷり」という高齢者も多いかもしれません。

では音楽レクではこれらの曲を使えばいいのか?

「単に、歌って盛り上がる」だけならともかく、介護事業所の音楽レクには、
「楽しい」「盛り上がる」以外に、
1.歌に合わせて身体を動かして身体機能を維持・回復する、
2.歌や歌手、時代などを話題にしたコミュニケーション活性化(場合によっては回想療法)、
なども求められます。この観点からの曲選びが重要です。

1. で言えば、思わず手拍子をしたくなるリズミカルな曲が適しています。
例えば「アキラのズンドコ節」「スーダラ節」「上を向いて歩こう」
「東京ドドンパ娘」「恋のバカンス」「明日があるさ」あたりでしょうか。

2.では、参加者全員が共通する思い出を持つ曲が適しています。
例えば、地方の介護事業所では「東京だョおっ母さん」に合わせて、
参加者の「初めて東京に行った時の思い出」を聞き出すと会話が盛り上がるでしょう。

「高校三年生」は学生時代の、「こんにちは赤ちゃん」では出産の話題が膨らみます。
もっとも参加者の中には「貧しくて学校に行けなかった」「死産や流産の経験がある」など、
マイナスの思い出を持つ人もいるかもしれませんから、注意も必要ですが。

「銀座の恋の物語」などのデュエット・デュオ曲では、参加者を2つに分け、
1番と2番で歌うパートを入れ替えればゲーム性が増します。

「いい湯だな」「愛して愛して愛しちゃったのよ」など合いの手が入る曲は、
歌が苦手でも参加しやすく、一体感が得られます。

「一体感」を考えるなら、平成生まれの若いスタッフも一緒に盛り上がれる曲もお勧めです。
「明日がある」などはカバーもされており、若い人も普通に歌えるでしょう。

この記事へのコメント

下記入力欄より、この記事へのご意見・ご感想をお寄せください。
皆さまから頂いたコメント・フィードバックは今後の内容充実のために活用させていただきます。
※ご返答を約束するものではございません。

この記事を書いたコラムニスト

西岡 一紀 (ニシオカ カズノリ)

なにわ最速ライター

介護・不動産・旅行

介護系業界紙を中心に21年間新聞記者をつとめ、現在はフリーランスです。
立ち位置としてじ手は最もキャリアが長い介護系が中心で、企業のホームページ等に掲載する各種コラム、社長や社員インタビューのほか、企業のリリース作成代行、社内報の作成支援などを行っています。

お問い合わせ Twitter Facebook Instagram