介護報酬改定で義務付けられた業務継続計画(BCP)の策定イメージは持っておられますか?

感染症や自然災害が発生した場合、通常通りの業務を実施することが困難になりますが、
業務を中断させないように準備し、必要な介護サービスが継続的に提供できる体制を構成する観点から、
全ての介護サービス事業者を対象に、業務継続に向けた計画等の策定、研修の実施、訓練シミュレーションの実施が義務図けられ、
厚生労働省は介護事業者の業務継続計画(BCP)について、以下の事を掲げています。

・3年間の経過措置があり、2024年度から完全義務化。

・「感染症」「自然災害」BCPの策定。

業務継続計画(BCP)とマニュアルの違い

3年の経過措置はあるものの、自社でどんなものを策定する必要があるかイメージは必要です。
厚生労働所のホームページに作成支援の動画等もございますが、分かりにくくはありませんでしたか?

貴社の業務継続計画(BCP)のモデル案を無料策定し提供いたします!

弊社にお問合せいただくと、リスクマネジメントに長けた保険業界のプロがヒアリングの上、
貴社に合ったモデル案を策定しご提供いたします。

今後のための取り組みとしてご参考にされては如何でしょうか?

業務継続計画(BCP)のモデル案などについてお気軽にお問い合わせください!

業務継続計画(BCP)以外にも、保険での法定外福利厚生制度導入などのご相談も無料にて承っております。
先ずは下記フォームよりお気軽にご連絡お待ちしております。


※基本的な対象エリアは大阪、神戸、京都となっており、地域によっては対応できない可能性もございます。

下記の項目に情報を入力し、「送信内容を確認する」ボタンをクリックしてください。

会社名
お名前 必須
フリガナ セイ メイ
ご住所
ご連絡先 片方必須 お電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容

送信情報の取り扱いについて

送信する情報は全て暗号化されますので、送信途中で漏洩・改竄されることはございません。
ご入力いただいた個人情報は、お客さまからのお問い合わせ、ご要望等にお応えするためにのみ利用いたします。
当サイトのプライバシーポリシーもご確認の上、上記内容にご同意いただけましたら、「同意する」欄にチェックを入れ、「送信内容を確認する」ボタンをクリックしてください。

お問い合わせ Twitter