贈与税は常に高い税金か?

贈与税は高い!という印象ある方も多いようですので、相続税と贈与税の関係を簡単に説明させていただきます。
贈与税は、ご存知のとおり、個人から財産をもらったときにかかる税金で、税率は最大で55%にもなります。
ですが、基礎控除110万円/年もあり、贈与額が低ければ10%など、有利な税制となっています。
特例贈与というのはいわゆる親から子供というような贈与で、それ以外が一般と考えるといいでしょう。

相続税はどうなのか?

相続税は相続にあたって相続財産に対して課税がされます。
基礎控除は、3000万円+600万円×相続人の数ですので、相続財産が最低3600万円以上でないと相続税はかかりません。
ただ、相続税の最高税率も55%です。

どっちが得なの?

贈与税・相続税は最高税率が55%ですが、贈与税は4500万円・相続税は6億円超の場合となります。
このように見た目は少ない贈与でも高い贈与税がかかるように見えます。

でも、よく考えると、贈与せずに相続時までその財産を保有したら、確実に相続税が相続財産の額に応じて課税されます。そこで、例えば1億円の相続財産があると30%で相続税がかかりますが、それを400万円×25年で1億円贈与したら、贈与税は20%×25年となります。

となると25年かければ、贈与した方がトータルの税金(相続税>贈与税25年)は有利ということもありえるということです。

一般論としては以上のようになります。
ただ、いくら贈与したらいいか、贈与のデメリット、などは詳しくチェックした方がいいですので、
贈与税が気になる方は市川税理士事務所までご連絡ください。大阪だけでなくネットでの相続も対応しております。

この記事を書いたコラムニスト

税理士:市川 欽一 (イチカワ キンイチ)

頑張る個人を応援する税理士

税理士/1974年(昭和49年)生
大原簿記学校での講師、経営コンサルティング会社・税理士法人勤務を経て独立。
法人だけでなく、頑張る個人を税金面からフォローすることにも注力しており、
Web上で自分で相続税申告書が作成できる「ネットde相続税」
贈与税を中心とした相談サイト「ネットde贈与税」というWebサイトを設立。

また、自分自身の相続に基づくセミナーや「相続前に行う書類・資料の準備」など、
相続人が「相続から早く元の生活に戻る」ための支援にも力をいれている。

コラムニスト関連サイト

お問い合わせ Facebook Twitter